antie - Shop Blog

  • 2017.9.29 -
  • antieのアウターコレクション。

肌寒くなってきた北海道の気候。
朝晩は羽織りものが欠かせない季節に突入しましたね。

ここ数日、アンティのインスタグラムでは日々
#アンティのアウターコレクション
としてアウタースタイルを更新中!

outerこの他にもぞくぞくと新作コートが入荷予定の週末になります!
たっぷりご紹介いたします!



【NATIVE VILLAGE -ネイティブヴィレッジ】

4
[左]ラグランコート¥70,000+tax (ligneous -木のような-)

[右]ダブルブレストコート¥100,000+tax (find -見いだす-)


15
オリジナルのジャガード素材を使用したステンカラーのコート。
独特な織りの表現は、ネイティブヴィレッジならではの
どこか少し懐かしいような風合いに仕上げています。

14
ローウエストのベルト。
ゆったり絞って感じがすてきです。


13
ウールアンゴラメルトンを使った厚手でビッグサイズPコート。
トラッドな印象の強いPコートも、オーバーサイズで着るのが気分。


12
すっきりとしたバックシルエット。

 




【nicholson & nicholson -ニコルソンアンドニコルソン】

6
ショールカラーコート¥41,000+tax (KAHKI/NAVY)



11
「HANDSAME COAT」と名前のついたロング丈のウールコート。


10
深めに開いたショールカラーが女性らしい印象。


8
きりっとした後ろ姿。
お仕事スタイルにも合わせたい1枚です。




5
フード付きコート¥38,000+tax (CAMEL/NAVY)



18
やわらかなメルトン素材のコート。
大きめなフードがアクセントになる1枚です。


17
立体的なフードがポイントです。
ヒップまで隠れる着丈はボトムのバランスを選ばず使いやすいので、
トレンドのロング丈と揃えて持っておくと便利♩


16
フード付きコートは雪の多い北海道には欠かせませんね♥




今すぐ羽織るなら……
9月末〜10月にかけての季節の変わり目。
羽織りものに悩むこの時期にすぐ使える羽織りものは、
やっぱりニットカーディガン!

【evam eva -エバムエバ】


2
ヤクコットンカーディガン¥20,000+tax
(フラックス/スミ)

極寒の地域でも耐えられるヤクの毛を撚糸した素材。
ヤク1頭から100gしかとれない貴重な毛を使用しています。
ボタンなどは付いていないので、インナーを気にせず羽織れルカーディガンです。



1
シルクウールローブ¥25,000+tax
(グレー/ベージュ)

シルクとウールのブークレーヤーンをオリジナルで撚糸した
ソフトでふっくらした素材のカーディガン。
ピン付きのローブタイプなので、さらっと羽織れるデザインです。



3
ウールロングカーディガン¥28,000+tax

(ブラウン/ベージュ/ブラック)

超極細ウールを選りすぐって使用されたファインメリノウール。
カシミヤ並みの細い繊度のため、強度・伸度に優れた素材。
存在感のあるロング丈ですが、サイドのスリットが
コーディネートに軽さを出してくれます。



今すぐ使える羽織りものから、真冬にぴったりなあったかコートまで。
着比べるなら今が一番揃っている時期です。
今週末はぜひ一度、店頭にておためしくださいね♩


9/30(土)14:00~
ミナペルホネンが入荷いたします!

IMG-2853 IMG-2854 IMG-2855
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

● 告 知 ●
【KAORU✴︎ヴィンテージウォッチ販売会】


kaoru
10/6スタート⚡︎
アトリエカオルデザイナー・中西薫さんがセレクトした、
道内初となるヴィンテージウォッチの
スペシャル販売会を来月6日より開催いたします。

どんなスペシャルな時計がアンティに届くかはこれからのお楽しみ♪
antieのインスタグラムではタイムリーな情報をお知らせしてまいります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

antie

TEXT BYantie

antie - STAFF

ANTIPASTをメインブランドにスタートし、 ひとつずつこだわりのあるドメスティックを中心としたセレクトショップ。 10年先も身に着けたいと思えるものを集めています。

このスタッフの他の記事も見る

UPDATE CALENDAR
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

Contact

お名前

メールアドレス

電話番号

問い合わせ先

お問い合わせ内容