RAGrunge - Shop Blog

  • 2018.11.7 -
  • “究極の普段着”-REMI RELIEF POP UP EVENT-のお知らせ

こんにちは。RAGrungeです。
今週末、日頃からRAGrungeをご愛顧いただいているお客様や
どんなお店なんだろう?とご興味を持っていただいている方々にも。
皆様に楽しんでいただける様なPOP UP EVENTを開催致します。



今回も期間限定の特別な機会なので是非、お時間見つけてお立ち寄り下さい。
当初、8月のNEW OPENから9月にかけて
定番の加工アイテムを中心にご紹介させていただきました。

人気アイテムということもあり完売したカラーも多数と大好評。
今回もしっかりご用意しております。

豊富なサイズバリエーションとカラーを集めました。
size/M,L,XL
color/OFF WHITE,HEATH GREY,RED,LIME,PINK,BLACK

スペシャル加工裏毛クルーネックスウェット price/¥13,800+tax
スペシャル加工裏毛プルオーバーパーカ price/¥16,000+tax

RAGrungeではユニセックスでご紹介しています。
鮮やかなPINKを差し色にいかがでしょうか。

スペシャル加工裏毛プルオーバーパーカ price/¥16,000+tax

ここでREMI RELIEFの良さを少しでも知っていただきたく
ブランドについてご紹介。

-ABOUT REMI RELIEF-

“究極の普段着”

1970年中期のサンタ・モニカとヴェニスの一部の地域に付けられた名称[DOGTOWN]が好きで
「あらゆる漂流物が海に流れ出す場所」と称され、
新しいカルチャーが次々と生まれた時代と場所に憧れがあります。
その時代の写真を見ているとものすごくスタイリッシュで
単純にカッコイイと思うのに良く見ると服は普通で主役ではない。
僕は服はそういうものなんだなと思っています。

REMIRELIEFの服は気合を入れて着る服ではなく日常を少しだけ彩る普段着です。
瞬間から何年も着込んで馴染んだように見える為の素材、加工を提供し、
違和感を感じない、疲れない衣料をお届けしたいと思っています。

デザイナーの後藤氏はそんな想いからREMI RELIEFのモノづくりは
量ではなく「質」という思いを基に、糸、撚糸、編み立て、
プリント顔料、加工と全てを拘りながら無駄を省いた
“究極なアメリカンベーシック”を追求しています。

例えば先程ご紹介したスウェットやパーカが人気の理由。
着古したかの様なヴィンテージ感を再現の為に
岡山にある自社工場で60~70年代に使用されていた染料を使用し
ブリーチや化学薬品などで無理やりダメージ感を出すこともしておらず、
あくまで自然退色に近いフェード感を出しています。
色の落ち方、見た目が他のブランドにも勝るのはこの拘りがあるからなんです。

スタッフも愛して止まないREMI RELIEFのアイテム達。
今回のPOP UPでの注目アイテムをご紹介します。

パッチワークニット price/¥24,800+tax



冬に向けてアウターの中も気を抜けないので
デザインの効いたアイテムは欠かせません。
暗くなりがちな冬の装いに色物は活躍してくれます。
ニットの加工物は探すとグッとくる物が見つかり難いです。

コンビネーションナイロンクルーネックフリース price/¥13,800+tax
コンビネーションナイロンジップアップフリース price/¥16,000+tax



今季のREMI RELIEFは
スポーティーさ、アウトドア感やストリートの匂いがするアイテムなど
程よく着崩すミックススタイルが目立ち
独自のレイヤードをするルックが多く見られました。
そんな中、街着として着回しのしやすいアウターをご用意しております。

ポリエステルメルトンコート price/¥29,800+tax



ロングタイプからブルゾンタイプまで幅広くご紹介致します。

N66衿ボアシンサレートブルゾン price/¥44,800+tax



ご紹介したアイテム以外にも豊富なラインナップで
皆様の御来店を心よりお待ちしております。

開催期間中はお買い求めいただいた方へ数量限定にて
USA製コインコンチョを使用したノベルティもご用意致しました!

Instagramでも随時新作をご紹介しております。
@ragrunge_official
ご興味あればフォローしてみて下さいね。

RAGrunge

TEXT BYRAGrunge

RAGrunge - STAFF

"RAG+grunge=RAGrunge" 縁があって出会った一着だからボロボロになるまで愛を持って着て欲しい。 トレンドを綺麗に着飾るだけがファッションではないと考え デニムスタイルを軸に、時代や流行をエッセンスに 自分に似合うモノを自分らしく取り入れることができる洋品店として 独自のミックススタイルをラグランジは提案します。

このスタッフの他の記事も見る

UPDATE CALENDAR
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

Contact

お名前

メールアドレス

電話番号

問い合わせ先

お問い合わせ内容