RAGrunge - Shop Blog

  • 2020.9.9 -
  • 贅沢な悩み/Ron Herman California vs REMI RELIEF

こんにちは。
RAGrunge/ラグランジ イシダです。

8月に続き、9月も多くの皆様のご来店のお陰で楽しい日々です。
皆様、ありがとうございます。

つい先日、当店でも人気の高いアイテム「スウェット」なんですが
ロンハーマンとレミレリーフの人気モデルが同時に入荷しました。
どっちを買えばいいんだーって悩ましい、困った。

Ron Herman California

 

REMI RELIEF


困ったと言いながら、わざとなんですけどね。笑

皆様にこっちはコレが良くてーこっちはこうで、、なんて話をしたくて同時入荷。

何が悩むってどちらも上質な素材感と加工技術に加えて
サイズ感が絶妙っていうオマケ付きで、、、うーん。甲乙付け難い。

まずはREMI RELIEFからご紹介を。

SP加工裏毛クルー/¥13,800+tax

着用サイズ XL(180cm 75kg)

かなりコンパクトなサイジングのスウェットなんで
RAGrungeではLとXLでセレクトしています。
今季はOFF WHITE,BROWN,REDの3色。
毎シーズン女性にも人気の高いユニセックスなアイテムです。

side
back

このスウェットの魅力は大きく二つ。

①古き良き染料で染め、薬品を使わず自然の原理で退色させ
リアルヴィンテージの様な経年変化を再現した色味。雰囲気抜群です。

②最初から柔らかく肌あたりの良いのに、着れば着るほど柔らかくなります。
トロトロな着心地と僕はよく言ってます。実体験で6年以上は着続けられます。

古着好きにはたまらない両Vや脇リブのディテールなどもポイント高い。

detail


続いてはRon Herman Californiaを。

Damage sweat Crew/¥27,000+tax

着用サイズ M(180cm 75kg)

リラックスシルエットですが綺麗な見た目のスウェット。
RAGrungeではMとLでセレクトしています。
今季はWHITE,BLACK,OATMEAL (BEIGE)の3色。

REMI RELIEFとは対照的に大人の男性に人気の高いモデルです。

side
back

このスウェットの魅力もわかりやすく二つに。

①洗い加工での退色した色味の表現が上品でスラブ加工の凹凸感も相まって
単色の色使いでも全く地味な印象にならないという秀逸さ。

②ハリのある生地感が雰囲気良い高級感のある見映えを生み出しています。
綺麗な見た目に首元、袖口、裾のダメージ加工が効いて熟れ感を演出。

こちらは片Vに脇リブのディテールで程良いヴィンテージ感。

detail


皆様にご紹介していたら物欲が止まらなくなってきましたー。困った。
結果、僕はこういう風に迷ったら二つ買っちゃうよってオチなんですけどね。笑

というわけで今回の記事が皆様の参考に少しでもなれば幸いです。
まだまだ書きたいところですが今日はこの辺で。

============================================
周年記念別注品のご予約も残り僅かです。
詳しくはこちらで → 先日のBLOG

exclusive model

-RAGrunge 2nd Anniversary-
SPECIAL COLLABORATION OVERALLS
“RAGrunge” × “PAY-DAY”
body:MODIFIED 50s PAINTERS BIB OVERALLS
color:all black
size:free for unisex
price:¥27,000+tax

道内外、遠方からのオーダーも可能です。お問い合わせ下さい。
============================================

Instagramでもその他アイテムやスタイリング、随時新作をご紹介しております。
@ragrunge_official
フォローしていただくと最新情報がご覧いただけます!

*********************************

通販でのお買い物も承っております。
全国地方発送 
税込¥11,000以上で送料無料

当店含め、当社系列店全店で様々なご理由で
ご来店が難しいお客様のお手伝いとなれれば幸いでございます。
引き続き、ご不明点等お気軽にお問い合わせください。
ragrunge_sapporo@en-inc.jp


*********************************

 

 

RAGrunge

TEXT BYRAGrunge

RAGrunge - STAFF

"RAG+grunge=RAGrunge" 縁があって出会った一着だからボロボロになるまで愛を持って着て欲しい。 トレンドを綺麗に着飾るだけがファッションではないと考え デニムスタイルを軸に、時代や流行をエッセンスに 自分に似合うモノを自分らしく取り入れることができる洋品店として 独自のミックススタイルをラグランジは提案します。

このスタッフの他の記事も見る

UPDATE CALENDAR
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

Contact

お名前

メールアドレス

電話番号

問い合わせ先

お問い合わせ内容