RAGrunge - Shop Blog

  • 2020.10.6 -
  • 色味、素材感で選ぶシャツのススメ/Ron Herman California

ブログをご覧の皆様、こんにちは!
RAGrunge 岸本です。

先月もイベント尽くしの日々で、あっという間にすぎた9月
気づけば札幌も気温が下がってすっかり秋になりました。

そこで今回は形だけには拘らずに、当店ならではの[色味]や[素材感]でお選びいただきたいシャツにフォーカス。

今時期はこう着て欲しい!と言った岸本の気持ちを、前面に押し出したスタイリングも合わせてご紹介致します。

それでは、最後までご覧ください。

Back Satin SH/¥31,000+tax

まず初めにこちらのアイテムのご紹介を

肉厚な生地の風合いで仕上げた、サファリシャツディテールな一枚。

ロンハーマンならではの自然な褪色の発色。
生地の風合いとは裏腹な柔らかさを感じるそんなシャツ。

Style sample1

Outer/¥88,000+tax;marka
Shirts/¥31,000+tax;Ron Herman California
Denim/¥15,000+tax;Vintage
Shoes/¥6,500+tax;VANS

シャツの自然な色味を生かし、ミリタリー要素も加えたスタイリング。

秋冬らしい濃いめな色味は足元に、それ以外のトーンを明るめに合わせてミリタリーカーキでまとめて。

type1

しっかりとした風合いのシャツをあえてインナー使い。

ハリ感なども考えて、動きやすいオーバーなブルゾンを羽織りにチョイス。
ライナーとセットになっているので、少し大人なレイヤリングな雰囲気に。

type2

 

type3

前身頃に配している胸ポケットのデザインも秀逸です。

プレーンなデザインのないシャツとは違い、カジュアルな要素を出してくれるのが嬉しい。
冬に向けてプラスワンでニットなどを重ね着しても○

type4

今時期の日差しのある暖かい日中はアウターをオフしても。

リラックスとした身幅のシャツは一枚でも活躍します。
デニムスタイルはもちろんですが、スラックスなども綺麗めにも合わせて欲しいです。

Fade Check Shirts/¥29,000+tax

ビンテージのワークシャツな匂いを感じる度詰に織られたこちら。

色合いもビビットなカラーではなく、少し柔らかさのある中間色を用いているのが特徴。
脇の縫製なども三本針のステッチワークを配しており、本格ワークシャツに仕上げた一枚です。

Style sample2

Outer/¥34,000+tax;marka
Shirts/¥29,000+tax;Ron Herman California
Pants/¥11,000+tax;Vintage
shoes/¥6,500+tax;VANS

少し変わったシャツonシャツなスタイリング。

ビンテージミックスな合わせですが、シルエットを縦長にまとめて綺麗目に。
テイストの違うシャツのレイヤリングな、変わり種スタイルです。

type1

羽織りとして着用しているシャツから覗く柄も可愛い。

気温が低くなった秋だからこそ楽しめる重ね着の自由さ。
僕個人としてもおすすめしたいシャツのスタイリングです。

type2

 

type3

一枚で着用すると無骨になるワークシャツを、ユニセックスな雰囲気のシャツに重ねることで小慣れた雰囲気に。

秋冬トーンダウンしがちな時期に、中間色を取り入れても○

もちろんですが今回インナーとして着用したシャツを、ジャケットがわりに羽織りでも使えます。
イン、アウトで着回しを楽しんでいただきたいそんなシャツです。

Fade Check SH/¥29,000+tax

こちらも言わずともなロンハーマンの定番シャツ。

先ほどのシャツとデイテールは似ているものの、比較的緩めに織られているため柔らかい風合いに。
生地の表面には、まるで何十年も着たようなネップ加工もされており即戦力なビンテライクなシャツです。

王道アメカジスタイルにはもってこいなそんな一枚です。

Style sample3

Jacket/¥14,500+tax;Vintage
Shirts/¥29,000+tax;Ron Herman California
Pants/¥29,000+tax;Ron Herman California

カジュアルの代名詞なシャツを、あえてテーラーな雰囲気に合わせたスタイリング。

こちらのスタイリングは全体的なダークトーンな合わせに、色味が鮮やかなアイテムを刺して。
ロンハーマンのリラックスとした雰囲気をそのままに、少しオケージョン仕様にしました。

type1

ブリテッシュテーラーらしい丈長のジャケットは、羽織るだけで締まった印象に。

インナー使いしているシャツは今はインが気分ですが、もちろんアウトで少し外した印象にしても○

場面で使い分けて楽しんでいただけるのも、この合わせの良さです。

type2

 

type3

前開きや袖口から覗く鮮やかな色。

秋冬には懸念されがちなカラーリングですがあえてインナー使いで刺しのワンアイテムとして使って欲しいです。

その柔らかい薄手な風合いはシーズンレスにも着用のできるアイテムなので季節関係なく着れちゃうのも嬉しいですね。

etc

本日のご紹介は如何だったでしょうか?

大人なリラックスな空気感の漂うロンハーマンの装い。
まずはシャツから、その時の気分や今年の合わせで是非お選び頂きたいアイテムでした。

店頭で楽しんでいただけるのをお待ちしております。

ショップアカウントはもちろんのこと
スタッフアカウントでも日々新作やイベント情報をご紹介しております。

store manager イシダ  @junki_ragrunge.wb
staff キシモト @ryo_ragrunge.ut
staff スガワラ @nsmarico

============================================

Instagramでもその他アイテムやスタイリング、随時新作をご紹介しております。
@ragrunge_official
フォローしていただくと最新情報がご覧いただけます!

*********************************

通販でのお買い物も承っております。
全国地方発送 
税込¥11,000以上で送料無料

当店含め、当社系列店全店で様々なご理由で
ご来店が難しいお客様のお手伝いとなれれば幸いでございます。
引き続き、ご不明点等お気軽にお問い合わせください。
ragrunge_sapporo@en-inc.jp


*********************************

 

 

TEXT BYRAGrunge

RAGrunge - STAFF

"RAG+grunge=RAGrunge" 縁があって出会った一着だからボロボロになるまで愛を持って着て欲しい。 トレンドを綺麗に着飾るだけがファッションではないと考え デニムスタイルを軸に、時代や流行をエッセンスに 自分に似合うモノを自分らしく取り入れることができる洋品店として 独自のミックススタイルをラグランジは提案します。

このスタッフの他の記事も見る

UPDATE CALENDAR
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

Contact

    お名前

    メールアドレス

    電話番号

    問い合わせ先

    お問い合わせ内容