RAGrunge - Shop Blog

  • 2020.11.29 -
  • -CANADA GOOSE- FOCUS/RAGrunge select

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
RAGrunge 岸本です。

本日は当店オープン時より冬本番のアウターとしてご提案しております「CANADA GOOSE」について深く触れていこうと思います。

当店で取り扱う理由やブランドとしての歴史や物づくりについて。
近年話題となっているサスティナビリティへの取り組みなど、意外に知られていない裏側を綴っていきます。

合わせて岸本も普段から着用している
カナダグースのダウン原点とも言えるモデル[EXPEDITION PARKA]のスペックについてもご紹介。

初めに、今回着用のモデルのご説明を
それでは最後までご覧ください。

EXPEDITION PARKA/¥125,000+tax

マクマード南極観測基地の研究者の為に作られた当モデル。
カナダグースのダウンの歴史でも原点とも言えるダウンパーカー。

極限の寒冷地で発揮されるスペックは今でも、評価される高機能性となっております。

type1

細かなディテールに触れていきます。

4つのフラップポケットを前見頃に配し、さらにそれぞれサイドからアプローチのできる仕様に。
ポケットはハンドウォーマーの作りでフリースタッチとなっている為、手を温め快適に過ごせます。

極限の気候下で活動するプロに向けて作っている、カナダグースならではな本格スペックです。

type2

背中には着脱時持ち運びの為の、グラブストラップが搭載。

中には貴重品などを入れるメッシュポケットや、ウエスト部の調整の効くドローコードで温度調節なども可能となっております。

type3

カナダグースの全てのモデルにはTEIという独自の温度指標が明記されております。

1〜5までの5段階で区分けされ、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。
実は型数もメンズ、レディースで数十型あるのもそれが所以です。

今回のエクスペディションパーカーは最高保温性のTEI5(-30まで対応可能)というスペック。

北海道では申し分ない保温性と言えます。

type4

使用しているファーはカナダで害獣指定されているコヨーテのファーを使用。
濡れた状態でも凍りにくい毛質となっているので、吹雪の際に活躍してくれます。

ここでサスティナビリティの取り組みについても触れていきます。
使っているファーはもちろんですが、中に使用しているダウン(羽毛)にも拘りが。

カナダの湖に生息する食用の水鳥から出た
不要な羽毛を使用することで、動物愛護の兼ね合いや資源の有効活用を目指した取り組みをしています。

他にも何十年と耐久する製品を生み出すことでの無駄のない資源の生産という分野や、他の企業との取り組みもブランドとして評価されており愛される証ともなっております。

type5

皆さんがカナダグースと言えば、、、
想像されるこのマットな質感の素材、こちらも秘密があります。

3層構造の独自開発素材[アークティックテック]と呼ばれる素材。
表地にはフライパン等でよく聞くテフロン加工がされている為、耐久性と撥水性が高く防寒性にも優れている素材です。

素材一つをとってもブランドポリシーが垣間見えます。

type6

よく見るブランドのパッチにも秘密があります。

カナダグースは元来、極限の寒冷地で働くプロに向けてダウンを作り始めたのが起源です。
その際に、吹雪や悪天候でその人たちが遭難などをしない様に目視し易いカラーリングでパッチを配したのが始まり。

ブランドとしてのネームを打ち出すという意味合いで無く、歴史あるダウンブランドであるが故の受け継がれてきた物。

意味を知るだけでも、見た時の感じ方が全く変わります

それでは最後に当店でカナダグースを取り扱いする理由でもある物作りについて、深く掘り下げていきます。

image1

 

image2

-CRAFTSMANSHIP-

ボタンひとつ、ファスナーひとつも妥協しない姿勢。
フルオートメーションでなく、職人が手作業で仕上げる妥協の無いメイドインカナダ。

出来上がった製品は何度も検品を繰り返し、クリアした製品のみが市場に出ます。

そういった製品づくりへの思いが、当店で北海道の冬を越える為のアイテムとしてご紹介をし続ける理由です。

image3

 

image4

-進化し続けるデザインと機能性-

カナダグースは毎年何型も新型をリリースします。
固定概念に囚われず現代のデザインを落とし込んだモデルや、以前までのモデルのアップデートを繰り返し続けています。

デイリーで街に溶け込むデザインであるからこそ、世界中の愛されるダウンへと今でも進化しています。

image5

 

Shop view

本格的に寒くなってきた札幌。

アウターをお探しの方も多いはず。
当店でご案内するカナダグースに深く触れていく本日のブログでした。

今一度見方を変えて
冬のスタンダードとしての1着を、お選び頂いては如何でしょうか?

最後までご覧頂き、ありがとうございます!
それではまた次回のブログをお楽しみに。

全国的にもまだまだ油断できない大変な時期が続いております。
当店でのお買い物が少しでも皆様の気分転換になれば幸いです。
皆様が少しでも安心してご来店いただける様に
・全スタッフのマスク着用、体調管理の徹底
・店内の定期的な消毒、清掃
・レジにて消毒用ジェルの設置
感染拡大防止対策を引き続き強化し営業致します。

ショップアカウントはもちろんのこと
スタッフアカウントでも日々新作やイベント情報をご紹介しております。
store manager イシダ  @junki_ragrunge.wb
staff キシモト @ryo_ragrunge.ut
staff スガワラ @nsmarico

============================================

Instagramでもその他アイテムやスタイリング、随時新作をご紹介しております。
@ragrunge_official
フォローしていただくと最新情報がご覧いただけます!

*********************************

通販でのお買い物も承っております。
全国地方発送 
税込¥11,000以上で送料無料

当店含め、当社系列店全店で様々なご理由で
ご来店が難しいお客様のお手伝いとなれれば幸いでございます。
引き続き、ご不明点等お気軽にお問い合わせください。
ragrunge_sapporo@en-inc.jp

*********************************

RAGrunge

TEXT BYRAGrunge

RAGrunge - STAFF

"RAG+grunge=RAGrunge" 縁があって出会った一着だからボロボロになるまで愛を持って着て欲しい。 トレンドを綺麗に着飾るだけがファッションではないと考え デニムスタイルを軸に、時代や流行をエッセンスに 自分に似合うモノを自分らしく取り入れることができる洋品店として 独自のミックススタイルをラグランジは提案します。

このスタッフの他の記事も見る

UPDATE CALENDAR
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

Contact

お名前

メールアドレス

電話番号

問い合わせ先

お問い合わせ内容