RAGrunge - Shop Blog

  • 2021.7.2 -
  • COLLABORATION PROJECT/The Mako2 art × RAGrunge

皆様、こんにちは!
RAGrunge/ラグランジ イシダです。

6月は土日臨時休業等で営業時間の変更が続き
ご不便をおかけすることが多々あり申し訳ございませんでした。
ご都合を平日に合わせていただいたり、通販いただいたり
緊急事態宣言解除後からの多くの皆様のご来店、お問い合わせなど
スタッフ一同、大変嬉しい限りでした。

ご愛顧いただき、誠にありがとうございます!
どんなことがあっても僕らは変わらず元気に皆様へワクワクをお届けし
笑顔溢れるお手伝いを続けていきたいとより一層思っております。

7月も皆様にワクワクを。
来週も再来週も話題たっぷりです。
皆様お待ちかねの【21FW PHOTO PREVIEW】も準備中です。お楽しみに。

それでは第一弾!

COLLABORATION PROJECTと題し
昨年10月より当店にてポップアートの原画展示販売を行ない
多くの皆様にご好評いただいている”The Mako2 art gallery”より
アートで心を豊かにをモットーに着ても良し、飾ってもよし
この夏の特別な一枚を共作でご用意致しました!

2021.7.1 thu. – release.
The Mako2 art × RAGrunge
COLLABORATION PROJECT
“UNE-UNE TEE”
color:pepper
size:S,M,L(USA fit)
price:¥7,150(tax in)

90年代バンドTシャツを彷彿とさせる
エイジング加工が施された6.1oz墨黒丸胴ボディに
Makoto’2氏の代名詞である”ウネウネ”を
3色3版重ねしダブルネームで仕上げ
大胆にバックプリントしたTシャツが完成。

※数量限定につき無くなり次第終了

既にSNSにてご紹介しており
ご購入やお取り置き、通販ご注文をいただいております!

イシダでジャストめの着用でMsizeです。

黒地に金刺繍のオリジナルタグも素敵です。


先月に引き続きコラボアイテムを熱い想いを込めてリリースしています。
今しか手に入らない、此処でしか手に入らないを皆様へ。

お気軽にご来店、お問い合わせ下さい。

============================================

Makoto’2(マコツ)/ @themako2art
北海道苫小牧市生まれ
幼少期から落書きに没頭し絵のスキルを独学で身につけ
近年ではポスカを使った個性的なタッチでキャンバスに描く
サラリーマン兼農家という異色アーティスト。
ストリートアート、スケートボードカルチャーや
オカルト、都市伝説、SF映画、洋楽からインスピレーションを得ている。
あと猫が好き。

============================================

全国的にまだまだ油断できない大変な時期が続いております。
当店でのお買い物が少しでも皆様の気分転換になれば幸いです。
皆様が少しでも安心してご来店いただける様に
・全スタッフのマスク着用、体調管理の徹底
・店内の定期的な消毒、清掃
・レジにて消毒用ジェルの設置
感染拡大防止対策を引き続き強化し営業致します。

ショップアカウントはもちろんのこと
スタッフアカウントでも日々新作やイベント情報をご紹介しております。
store manager イシダ  @junki_ragrunge.wb
staff キシモト @ryo_ragrunge.ut
staff スガワラ @nsmarico

============================================

Instagramでもその他アイテムやスタイリング、随時新作をご紹介しております。
@ragrunge_official
フォローしていただくと最新情報がご覧いただけます!

*********************************

RAGrunge ONLINE STORE


BLOG,SNSでのお問い合わせによる
通販でのお買い物も承っております。
全国地方発送 
税込¥11,000以上で送料無料

当店含め、当社系列店全店で様々なご理由で
ご来店が難しいお客様のお手伝いとなれれば幸いでございます。
引き続き、ご不明点等お気軽にお問い合わせください。
ragrunge_sapporo@en-inc.jp

*********************************

TEXT BYRAGrunge

RAGrunge - STAFF

"RAG+grunge=RAGrunge" 縁があって出会った一着だからボロボロになるまで愛を持って着て欲しい。 トレンドを綺麗に着飾るだけがファッションではないと考え デニムスタイルを軸に、時代や流行をエッセンスに 自分に似合うモノを自分らしく取り入れることができる洋品店として 独自のミックススタイルをラグランジは提案します。

このスタッフの他の記事も見る

UPDATE CALENDAR
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

Contact

お名前

メールアドレス

電話番号

問い合わせ先

お問い合わせ内容