antie - Shop Blog

  • 2021.2.23 -
  • 春の装いを想像しよう。- antie春のコート一覧表 –

春の訪れを待つ2月。

北海道の春は短いと言われる。
でもそうじゃないのです。
体感できる暖かい時期が短いだけであって、冬の湿った風とは違う、青いにおいのする爽やかな風が漂う、五感のどこかが反応する、そういったささやかな春が来ているのです。

それが北海道の春。
寒くても春なのです。

そう思ったとたんに、冬ごもり気味の自分の装いから少しだけ脱皮したくなる。
ここは思い切って、上っ面(そとみ)を変えてみよう。






ステンカラーコート ロング 61503 ¥72,000+tax / khaki / S(着丈115cm), Msize(着丈119cm) / cotton70%, nylon30%(lining: rayon64%, cotton36%) <YAECA>
ソックスニットカーディガン(ストール) NF104 ¥29,000+tax <ANTIPAST>
キャンバス・カゴ付きトートL 11523 ¥65,000+tax <eb.a.gos>
ストレートチップシューズ TR001 ¥19,000+tax <TRAVEL SHOES by chausser>

YAECAから定番で出るステンカラーコートは、このさきどんな年の重ね方をしても、きっといつも“ちょうどいい”と思えそう。
オリジナルのギャバジン生地は、上質なコットンと耐久性の優れたナイロンを織り上げたもの。

スタイリング次第でラフにもなり、そしてほどほどのきちんと感も演出できる。
まさにちょうどいい。





首にはストールに見立てたANTIPASTのカーディガンをぐるっと巻き、足元には軽快なchausserのトラベルシューズ、春を呼び込むカゴバッグで完成。

YAECAのステンカラーコートは、こういった遊び心のあるスタイリングアイテムにひっそりと馴染み、そっと真面目さをプラスしてくれる。



背中のウエスト位置あたりから深く入ったバックボタンは、シルエットに変化をもたらし、足さばきも良くなります。



総裏地仕様なのも嬉しい。
着心地にも直結する裏地は、レーヨンとコットンのしっとり滑らかな肌当たりです。

YAECAのが作るテキスタイルは、数年着込み素材に変化や劣化が生じても様になるコート。
お値段以上の価値があります。

カラーはkhakiとbeigeの二色。
サイズはそれぞれSとM両方のご用意があります。










khaki ※着用スタッフ身長156cm










beige



同型で、ナイロン×ウール素材も。






ステンカラーコート ロング 60555 ¥79,000+tax / grey / S(着丈115cm), M(着丈119cm)size / nylon65%, wool35%(lining: rayon64%, cotton36%) <YAECA>

ウールを混ぜることによって、さらっとした手触りと艶やかな品のある光沢が生まれるこちらのコート。
ブラウンとグレーの中間色のようなお色は、案外お洋服を選ばない万能さがあります。



先にご紹介したのはステンカラーコートのロングでしたが、スタンダードの短い着丈のものもご用意しています。










ステンカラーコート スタンダード 61502 ¥69,000+tax / khaki / Msize(着丈99cm) / cotton70%, nylon30%(lining: rayon64%, cotton36%) <YAECA>

ワイドパンツが多い方やお車での移動の方には嬉しい着丈。
ロングよりもカジュアルな印象で、ボトムスもしっかりと見えるので春らしい軽さも出るバランスとなっています。


左からgrey, khaki, beige





お次はもう少し軽快さのある裏無しコットンコートをご紹介。


ドルマンスリーブコート E211T005 ¥38,000+tax / ivory / 2size(着丈92cm) / cotton100% <evam eva>
デニムジャケット 16-13W ¥24,000+tax 
クリースド チノパンツ 60653 ¥36,000+tax <YAECA>
ツールバッグ ラージ 41909 ¥25,000+tax <YAECA>
突き出し絞りバッグ SB/52 ¥3,800+tax <BUNZABURO>

evam evaから届いたAラインが美しいコートは、軽アウターとのレイヤリングも楽しめる柔らかな生地使いとたっぷりとしたシルエット。
ブラウン系のアイテムたちと組み合わせて、優しいカラーバランスを楽しみたい。











前後の身頃の生地の切り替えがあることで、身にまとった時に立体的なシルエットが作られます。
さらっと でもしっとりとしたコットン生地、滑らかなドレープ、比翼式ボタンのプレーンさ。
袖を通した時にしかわからない、秘めたる素敵さに驚かれることが多い一品です。




ivory

こちらはお色違いのbeige。
グレーがかったダークベージュで、シャープな印象となります。










beige / 1(着丈90cm), 2(着丈92cm)size
左からbeige, ivory





さて、ここからはコットンベースのプレーンなコートからは離れまして、ファブリック自体に愛着が湧くようなリネンのコートをご紹介。


リネンオイルドコート 41502 ¥54,000+tax / natural / M(着丈78cm), L(着丈81cm)size / linen100% <YAECA WRITE>
コットンシルクシャツ SS21H0258 ¥29,000+tax <Harikae>
チノワイドパンツ 60602 ¥23,000+tax <YAECA>
ブライドルI マルシェミニミニ 11507 ¥34,000+tax <eb.a.gos>

YAECA WRITEから登場したオイルドリネンコートは、オイルのウェットな質感とリネンのドライな質感両方を楽しめる一枚。

オイルを入れているとはいえ、ところどころムラがあるような、比較的ナチュラルでさらっとした仕上がり。
特有の重量感やべたつきもほとんど感じないので、着心地面での不安もなく安心。
(念のため保管の際はビニールをかぶせるなどして、他のお洋服と離しておくことをおすすめします。)



目の粗いクシャっとした歪さのあるリネンに、気持ちが高揚するシルクのカラーブラウス。
優しさのある素材にスパイシーなトップスをミックスした、春の青さを感じるスタイリングです。



このザクっとしたリネンとじゅわっと入り込んだオイル感がたまらなく良くて。
オイルが抜けていっても、色が黒ずんでいっても、良い顔するんだろうな~と妄想。









そして同じくオイルドリネンシリーズでは、ロング丈のアトリエコートもご用意しています。










オイルドリネンアトリエコート ¥65,000+tax / natural / Msize(着丈110cm) / linen100%

ウエスト部分に共布のベルトが付属されている、少しオトナな印象のロングコートです。






ロングコート ZS6673 ombra ¥95,000+tax / gray / 36size(着丈108cm) / linen100%(lace: cotton100%) <mina perhonen>
東北の旅 sleeveeless dress ¥68,000+tax <GASA*>
ブラウス ZS1124 pilli ¥38,000+tax <mina perhonen>

最後のトリはmina perhonenのリネンコート。
過去のコレクションでも何度も登場しているforest paradeのレースを襟元にあしらった、華やかで奥行のある配色のコート。




Fusion ネックレス 50cm NSV-756-SV ¥11,000+tax / silver
Tribal ネックレス 70cm NSV-490-L-SV ¥17,000+tax / silver
<KAORU>

あまく拠ったリネンの糸を織り上げた表情の豊かさ。
硬さのないしなやかな生地は体にも馴染みやすく、風合いもまた良いのです。





肩は少しだけ落ちるように作られていてリラックス感があるのに対し、前身頃ポケットの上あたりにシームが入っていて、少しだけ胴回りをシェイプしてくれるかたちとなっています。

一足先にお求め頂いたお客様ともお話しさせて頂いたのですが、おばあちゃんになっても、ボロボロになって穴が空いても着続けたい!と思える魅力があるな~と思います。



レースは2列配置されており、ボリュームも程よい。



ボタンはmina perhonenがオリジナルでデザインした陶器製。
凛とした陶器の質感が、より一層コートの雰囲気を際立たせるのです。









それぞれのアウターは、記載しているサイズのみご用意がございます。
サイズの詳細などもお知らせ致しますので、お気軽にメールにてお問合せ下さいませ。

———————————————————————————
<通信販売のご案内>
antieでは、通信販売をご利用頂けます。
商品の詳細・ご購入をご希望の方は、メールよりお気軽にお問合せ下さいませ。
mail: antie@en-inc.jp
———————————————————————————

antie

TEXT BYantie

antie - STAFF

ANTIPASTをメインブランドにスタートし、 ひとつずつこだわりのあるドメスティックを中心としたセレクトショップ。 10年先も身に着けたいと思えるものを集めています。

このスタッフの他の記事も見る

UPDATE CALENDAR
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

Contact

お名前

メールアドレス

電話番号

問い合わせ先

お問い合わせ内容