Topics

  • WEAR
  • 2020.12.25
  • en-inc Staff real styling relay blog/-RAGrunge- #1

ブログをご覧の皆様、こんにちは!
この度スタートする新しい企画「en-inc Staff real styling relay blog」

人の「縁」、服の「縁」をテーマに札幌市内4店舗、旭川1店舗のスタッフのリアルなスタイリングを、リレー形式で繋ぎます。

普段綴ることのないスタッフの想いや裏話などを交えながら、合わせてスタッフの主観でお勧めしたい自店アイテムもご紹介致します。

それでは最後までご覧ください。

styling1

-着用ブランド-

Outer;CANADA GOOSE
Jacket;Vintage(LEVI’S)
Shirt;NOMADIK×PANDEMIXXX×RAGrunge
Inner;SAN FRANCISCO.NNECT.®︎
Pants;Wrangler
Shoes;KLEMAN
Stole;Jeanette Farrier
Accessory;After shave club,SCOSHA,JILL PLATNER,BELIEVE IN MIRACLE etc

記念すべき#1は札幌中心街の商業施設「PIVOT」2階にて、独自のミックススタイルを発信する
-RAGrunge-よりスタッフ岸本のスタイリングをご紹介致します。

styling2

自店のブログでもスタイリングに特化した記事を担当することの多い彼ですが

普段から気をつけている事や今回のスタイリングのポイントをお伺いしました。

Photo

 

Photo

普段から気をつけているポイントは、カラーバランスと洋服のサイズ感とユニセックスな印象。

全体的なシルエットのバランスを考えて、色味やサイズ感を意識しながらスタイリングを組みます。
レイヤリング(重ね着)をして色々な服の表情を楽しむのが大好きです。

あ、この丈の出方が可愛いとか色味の変わり方がいいなーとか感じることは様々です。

Photo

服が大好きなので、よくルーツを深くまで掘ることが多いです。
昔は洋服を解体して作り方を勉強したり、今では仕事の合間洋服をオリジナルで製作も行なったりしてます。

洋服の世界に飛び込んだきっかけも、やっぱり服を作りたい!という気持ちから入ったので普段からそれが影響しています。

選ぶ時もディテールや歴史から入るので、カナダグースのダウンもその一つです。

Photo

 

Photo

今回のスタイリングポイントは先程も述べた、レイヤリングの表情とユニセックスな印象になること。

パッと目を引く赤の中に淡いインディゴが見えたり、その下は黒で大人な印象だったり変化を楽しんでます。

ラグランジもデニムがテーマな店ですが、自分自身デニムが好きなのでよく意識せずにスタイリングに入っていることが多いです。

Photo

ストールやアクセで、高級感を出すのもポイントです。

古着もそうですがエイジング感の強い服を着ることが多いので、小物で締める事を気をつけてます。

ミックススタイルの醍醐味は、やっぱりそこなのかなと思っています。

Photo

ゆったりとしたトップスの合わせに、細身のパンツが今は気分です。

スラックスの様な表情のパンツは、普段の合わせをカジュアルアップさせる万能パンツです。
裾に向かって広がるフレアシルエットが、程よくリラックスさせるポイント。

どこか中性的な印象の合わせが好きなので、男性らしくなり過ぎない合わせを意識してます。

そして今回ご紹介したいアイテムは、愛用しているこちらのパンツ。

Wrangler/¥11,000+tax

 

Style sample

男性はもちろんですが、女性にも是非履いてほしい一本です。

ウォッシャブルのイージーケアなパンツですが、ストレッチの効いた快適な履き心地とシルエットが○

シューズの合わせも、スニーカーはもちろんブーツなどの合わせも楽しめます。
デイリーに使い易いのですが、綺麗目な印象がそれを感じさせないのが嬉しいです。

Shop

ご紹介したアイテムを初めVintage &Usedのラインアップやロンハーマン等、独自のアメリカンカジュアルなミックススタイルをご提案しております。

本日はその-RAGrunge-で働く、スタッフ岸本とオススメアイテムのご紹介でした。

店舗SNSとお問い合わせ先はこちら

Instagram
@ragrunge_official

お問い合わせ先
ragrunge_sapporo@en-inc.jp

次にリレーバトンを渡す店舗は
クリエイターと皆様を時代と共に、沢山の結び目を作り変化していくそんな店舗-nouer-のスタッフをピックアップ致します。

それでは更新をお楽しみにお待ちください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

  • RAGrunge
  • "RAG+grunge=RAGrunge"
    縁があって出会った一着だからボロボロになるまで愛を持って着て欲しい。
    トレンドを綺麗に着飾るだけがファッションではないと考え
    デニムスタイルを軸に、時代や流行をエッセンスに
    自分に似合うモノを自分らしく取り入れることができる洋品店とし
    独自のミックススタイルをラグランジは提案します。

  • OPEN 10:00 - CLOSE 20:00
    〒060-0062
    北海道札幌市中央区南2条西4丁目 PIVOT 2F
    TEL 011-221-9077
    E-mail ragrunge_sapporo@en-inc.jp
  • 取り扱いブランド
  • - WEAR -
    Ron Herman California
    R.H.VINTAGE
    REIGNING CHAMP
    REMI RELIEF
    CAL O LINE
    marka
    DOUBLE RAINBOUU
    StandAlone
    CARAVAN
    PAYDAY
    PANDEMIXXX
    NOMADIK
    VINTAGE&USED
    RAGrunge Original

    - OUTER -
    CANADA GOOSE

    - GOODS -
    JILL PLATNER
    SCOSHA
    MANEBU
    G-SHOCK
    Resterods
    PANDEMIXXX
    The Mako2 art