RAGrunge - Shop Blog

  • 2018.11.29 -
  • JILL PLATNER / ORDER EXHIBITION



BLOGをご覧の皆様、こんにちは。
RAGrunge 黒木です。

先日、ヌエベッカンにも告知していました



JILL PLATNERのORDER EXHIBITIONを12月1日~12月9日
期間限定で行います。


僕自身もかなり楽しみにしていて、かなり興奮しております。

ただ、JILL PLATNERって実際どんなブランドなの?
と気になる方も少なくないはず。

そこで今回はJILL PLATNERのおさらいをこの場をお借りして
僕がお伝えできればかと思います。





JILL PLATNERのジュエリーには、自然界への愛情と敬意の念が込められ
一点一点のパーツを手作りで、作られています。

その中でもこだわっているもの

~付け心地~



JILL PLATNERのアクセサリーのモチーフは先ほどお伝えした通り
”自然界”
を思わせるコレクションが多く、見た目は
トゲがある。着けていて痛そう。
と思われる方も少なくないはず。
ですがそれは、全く逆でむしろ1日中着けていても
見た目以上のストレスを一切感じません。

~サーファーのデザイナーだからこそのこだわり~



ブレスレットに使われている糸は
”tenara sewing”
ゴアテックス社が開発し、生産を行ってる
特殊縫製糸となっており、耐久性、速乾性に優れています。

なので着けたそのままでビーチを堪能でき
シャワーも気にせず浴びることも可能。

その中で僕が思うおすすめの付け方を少しご紹介いたします。




JILL PLATNERの中でも定番かつ、1番人気の【birdbone】



鳥の骨をイメージした小粒ながらも存在感をしっかり感じさせる
汎用性の高さがいいですね。



birdboneを中心に3つ重ねたちょっと贅沢な着け方。
3本とも小粒でシルバーがとても詰まっているのでより高級感が際立つ腕周りに。
なのにいやらしさを感じないく、バランスの取れた3セット。



もう一つは僕が今回気になっている【kiss】



kissという名の通りに唇をモチーフにしたデザイン。
黒糸がチラッと見え、エッジーさや、モードな雰囲気を匂わせます。



kissのブレスレットには、少し捻りのきいた細めのブレスレットを。
あえて少しアンバランスな組み合わせをすることで
より個性が強く
より主張してくれる腕周りに。


僕が見せて頂いた商品はほんの一部で
今回200点以上のサンプルをお借りしての
スペシャルオーダーイベントとなっております

12月1日~12月9日までの期間となっておりますので
お時間ございましたら是非お立ち寄り頂ければと思います。
皆様のご来店、お待ちしております。

TEXT BYRAGrunge

RAGrunge - STAFF

"RAG+grunge=RAGrunge" 縁があって出会った一着だからボロボロになるまで愛を持って着て欲しい。 トレンドを綺麗に着飾るだけがファッションではないと考え デニムスタイルを軸に、時代や流行をエッセンスに 自分に似合うモノを自分らしく取り入れることができる洋品店として 独自のミックススタイルをラグランジは提案します。

このスタッフの他の記事も見る

UPDATE CALENDAR
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

Contact

    お名前

    メールアドレス

    電話番号

    問い合わせ先

    お問い合わせ内容